シングルマザーの佳代子です。私は30代前半の二人の子持ちです。

うちの子たちはサバの水煮の缶詰が好きで、それさえあればごはんが食べれるので、私が仕事で遅くなってしまっても助かっています。

上の子が4歳なのですが、幼稚園のお友達が習い事をしているということで「やりたい!」っていうんです。

そろそろ、周りの子たちに影響されてそう言ってくるんじゃないかなとか、幼稚園のママ友と話していてもうちはピアノやっているとか、水泳をやっているとか、色々聞きます。

私は実家にお世話になっているので、自分の給料で習い事1つくらいはさせてあげられるかなと思っています。今から塾は早いので、音楽系の習い事をさせてあげるか、運動系をさせてあげるか、英語とか、悩んでいます。

音楽といっても、バイオリンやチェロなんかは楽器も高いし、大きくなるにつれて買い替えないといけないので、これはさすがにムズカシイです。やらせるならピアノかなと。電子ピアノっだったら中古のピアノをメルカリとかジモティーとかで探せばあるかなと。

うちはお受験とかはさせられないので、子供が好きなことをやらせてあげられればなと思っています。

それでは、今日も健康と美容ついて研究していきたいと思います。

今日は免疫力はとても大事というお話です。

免疫は複雑な仕組みで成り立っている

免疫については、「体にウイルスが侵入すると、それに対する免疫ができ、一度免疫ができれば、以降そのウイルスによって病気になることはない」ということはよく知られているかと思います。

しかしこれは、免疫という体の防御システムの一部にしかすぎないのです。免疫の全体像を把握することで、さまざまな病気の原因や予防方法がわかってきます。免疫システムの主役は白血球なのです。白血球はマクロファージ、顆粒球、リンパ球という3種類の細胞に分けられます。

体に異物が侵入するとマクロファージがその性質を見極め、顆粒球やリンパ球に指令を出してその異物を攻撃させるのです。細菌など粒子の大きな異物は顆粒球がまるごと飲み込み、消化酵素を使って分解していきます。

ウイルスなど微細な異物はリンパ球が吸着して処理します。

切り傷を負うと傷口が化膿して炎症を起こすことがありますが、これは顆粒球が傷口にある細菌と戦うことで生じるものです。炎症の後には、最近が死滅して治療に向かいます。

ただし、顆粒球と最近の戦いでは免疫は成立しません。つまり、何らかの細菌に感染してから食中毒になり治癒しても免疫が出来てその後は食中毒にはならないということではないのです。

むずかしいですね。一度なったらもう免疫ができるのかと思ったらそうでもないんです。

一方リンパ球は、一度戦った抗原を記憶することができるので、2度目に入ってきた時には、その抗原と戦うための抗体をすばやく増やし、ほとんど病気が起こらないうちに炎症を止めることができるのです。

これが、免疫が成立するということで、はしかなどの病気に二度とかからない仕組みです。リンパ球は、こうした外部からの侵入者と戦うだけでなく、自分の体の中に生じた異常細胞を排除する働きもあります。

ガン細胞を攻撃すること知られるNK細胞もリンパ球のひとつです。加齢とともに体の中には劣化した細胞や変質した細胞が多量にできてくるが、リンパ球はこうしたNK細胞も排除し、老化に対抗します。

つまリリンパ球の数を正常に保ち、外部から侵入したウイルスや異常な自己細胞を破壊できるようにしておくことが、免疫力を高めることになるのです。

自律神経(交感神経・副交感神経)はあらゆる細胞に指令を出し、その機能を調整している神経で、白血球もその指令を受けています。

交感神経は運動や緊張など、体を興奮状態にさせるときに働き、副交感神経は、食事や睡眠など、体をリラックスさせるときに働く神経です。

交感神経が優位な状態にあると通常よりも顆粒球が増え、リンパ球が減ってきます。こうした状況が長く続くと、過剰に増えた顆粒球が、細菌だけでなく正常な細胞までも破壊するようになってしまいます。その結果、胃や腸などの粘膜が攻撃され、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎などが引き起こされるのです。

さらにリンパ球が減っていることから、ウイルス感染による病気にもかかりやすくなってしまうのです。交感神経が優位な状態とは、人間がストレスにさらされているときです。したがって強いストレスがある生活を長く続けていると、免疫力の低下によってさまざまな病気が引き起こされることになります。

これを予防するには、リラックスして副交感神経を活性化することが何より大切です。食事をして腸管を刺激することでも副交換神経が活性化するので、3食はきちんととりたいです。

食はすべての栄養素に不足がないよう心がけ、特にストレスにより消失するビタミンB群、ビタミンCは積極的に摂取するようにします。また、炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミンB群、ミネラルなどを含む玄米は、効率良く多くの栄養素を摂取できるという点で勧められるものです。

キノコに合まれる多糖類にも、免疫力を高める効果があります。一方、服交感神経優位の状態が続きすぎても問題が生じます。リンパ球が必要以上に増え、ちょっとした抗原にも過剰に反応しアレルギー疾患が起こりやすくなるからです。

交感神経、副交感神経がバランス良く働くことが、健康的な生活の要となります。

ストレスを感じないようにするとかなるべく受けないようにするっていうのもなかなか難しい問題ですよね。ストレス発散方法を見つけるのも大事です。栄養素で改善できるところはサプリメントで補っていくのが、効率よく摂取できるのでいいのかなと思います。

もちろん、サプリメントはバランスのいい食事とともに摂取することが最も効率よくサプリの効果を実感できますので、食事もきちんと3食とって、運動も適度に行っていくのが一番ですね。

私も子供と一緒に運動して運動不足を解消していきたいと思います。

でも評判のサプリメントの力も借りて効率よくか結果を出したと思うのはみんなが思う事だと思います。酵水素328生サプリなら値段も手ごろだし周りの評判も良いですよ!!

シングルマザーの佳代子です。私は30代前半の二人の子持ちです。

日曜日は雨でしたね。雨が降ってしまうとお洗濯が出来なくなってしまうのが困ったものです。うちの近所はコインランドリーがあることはあるんですけど、かなり年季の入ったコインランドリーで、置きっぱなしで後でとりに来るのは大丈夫かな、なくなっていたらどうしようっていう不安のがあるので、結局家で洗って部屋干しにしています。

今はキレイなコインランドリーがあるんですよね。待つところも雑誌が置いてあったり、コーヒーも飲めたりとかできるところがあるって聞いて、うちの近所にもできないかなと思っています。

絶対に流行ると思うんですよね。

宅配クリーニングとかもありますけど、クリーニングはシングルマザーの私にとっては高いのでなるべくなら家で洗って、大きいシーツとかはコインランドリーで洗いたいなって思っています。

それでは、今日も健康と美容ついて研究していきたいと思います。

今日は血管のお話です。

生活習慣病予防のための健康・生活習慣チェック

生活習慣病とは、その名のとおり、普段の生活習慣が、発病や進行に深くかかわっている病気を指します。予防医学が進歩し、さまざまな病気の原因・危険因子が解明されつつある現在、生活習慣病の多くは、予防が可能になってきています。

日本人の死亡原因第2位である脳血管疾患(脳出血や脳梗塞)、3位の心疾患(心筋便案など)は、いずれも生活習慣病です。

1位のガンについても、大腸ガンや肺扁平上皮ガンなどは、生活習慣病とされています。このほか、糖尿病、高血圧、高脂血症、痛風、肺気腫、歯周病、アルコール性肝疾患など、さまざまな病気が、悪い生活習慣によって引き起こされることがわかってきています。

生活習慣病の予防は、食事、運動、休養といったライフスタイルの改善から始まります。病気を発見してから治すのではなく、日ごろから、各々が自覚をもって、生活を改善していくことが必要なのです。

生活習慣病が発病に至るには長い間の生活習慣の蓄積があります。健康診断では異常がなくても、体の中では病気が進行していることも多々あります。したがって検査結果が基準値を少し上回ったか下回ったかだけで一喜一憂するのではなく、自分にとってどんな状態が健康なのかを知ることが大切です。

ですから、健康診断の結果が良くても安心せずに、生活習慣を見直すように心がけましょう。徐々に蝕まれているということにならないように、健康に意識を持つことが大切ですね。

不調を感じている部分はないかとか、体型や体重、血圧などに大きな変化はないか、食生活で不足している栄養素はないかといったことを把握し、問題があれば、より健康な状態へと生活を改善していきます。

血糖値やコレステロール値など、自分でチェックできないものについては、定期的に医療機関で検診を受けるなど行ってみてください。

さらに、家族の病歴について把握しておくことも必要です。遺伝的要素もありますからね。家族から受け継いだ危険因子に悪い生活習慣が加わると、発病の可能性が高まります。

多くの生活習慣病の危険因子となっているものに内臓脂肪とコレステロールがあります。したがって、これらの増加を抑えることが生活習慣病の根本的な予防となります。例えば「空腹時血糖は正常だが食後は少し高め」という場合には、内臓脂肪を取ることで血糖値を下げ、糖尿病への進行を防ぐことができます。

内臓脂肪が減れば血圧も下がり、高脂血症なども改善されるんです。また、コレステロール値が高い場舎には、動脈硬化になりやすく、さらに動脈便化が原因で、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などヘとつながっていく危険がありますので注意です。

したがつて、コレステロール値が上がらないような食生活をしていれば、これらの病気になる危険性をぐっと減らすことが可能となるのです。これだけでググッと病気になる確率が減るのであれば、やらないてはありませんよ。

普段の食生活では高カロリー食、動物性脂肪の摂りすぎに注意し、バランスのとれた食事を心がけ、ビタミン、ミネラルの不足をなくすようにしましょう。さらに適度な運動も必要です。運動ニガテなんて言わないで、ウォーキングからでも始めてみましょう。

また喫煙は肺扁平上皮ガン、肺気腫など、多くの病気の原因となるので、控えたいですね。

食事や運動習慣など、ライフスタイルがなかなか改善できない、あるいは、すでに内臓脂肪やコレステロールが増加しすぎている自覚がある場合には、抗酸化作用のあるサプリメントを摂るようにしたいです。

高脂防・高カロリー食、運動不足が続いてコレくテロールが血管に付着すると、活性酸素の影響を受けやすくなり、酸化LDLというコレステロールに変化します。この酸化LDLは、動脈硬化の引き金になることが知られています。

コレステロールを酸化させないためには、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、セレン、コエンザイムQ10、イチョウ葉などの抗酸化物質を積極的に摂るようにしたいですね。

また、脂肪の合成を阻害するガルシニア・カンボジア、コレステロール値を下げるキチン・キトサンなどのサプリメントを利用してもいいです。これらは、短期間ではなく、ある程度続けて摂取する必要があります。食物繊維にも、コレステロールの吸収を妨げ、血圧の上昇を抑制する働きがあるんです。

活性酸素はお肌にも体内にも影響を与え、老化の原因となりますから、活性酸素を除去して行きたいですね。食品だけではなかなか必要分毎日とるのは大変ですから、サプリメントで補っていくのが一番かななんて思いました。

食事も毎日コンビニとか出来あいものの揚げ物なんか食べてると、ニキビができやすくなってしまうんですよね。大人がなる大人ニキビは、大人ニキビ専用の化粧品でないと効果が期待できないそうです。

大人ニキビの炎症を鎮める作用のある成分が入っているパルクレールジェルは、伸びもいいから経済的です。気になるニキビをニキビ専用コスメで早く治しちゃいましょう。

シングルマザーの佳代子です。私は30代前半の二人の子持ちです。

最近また寒くなりましたよね。おかげでうちの子はまだ風邪が治らなくて。暖かくしているんですけど、鼻をぐしゅぐしゅしていて辛そうです。

ショウガのスープを作ったり、餃子もたっぷりのショウガとニンニクを入れて体力をつけさせようとしています。

果物も好きなので、ちょっと高いけど奮発してイチゴとオレンジを買ってきました。ビタミンCをたっぷりとって早く治してあげたいです。

私も移らないようにマスクしています。子供の風邪ってなぜかうつりやすい気がします。強力なんでしょうかね。友達も子供が熱出すとすぐに移っちゃうから絶対マスクして暖かくしているって言ってました。

一緒にいることが長いっていうのもありますけど、気のせいですかね。。。

それでは、今日も健康と美容ついて研究していきたいと思います。

今日は男性の更年期についてです。

見逃しがちな男性の更年期

女性の更年期障害については一般によく知られていますが、近年、男性にもホルモンの分泌低下による更年期障害があることに注目が集まりつつあります。男性ホルモンの分泌は20~30歳にピークとなり、以後、加齢とともに低下していきます。開経という大きな身体的変化がある女性に比べて男性の更年期はわかりづらく、本人も認識していない場舎がほとんどなのです。

「男性更年期」という概念が一般に定着していないのが第一の理由ですが、ホルモンの低下に大きな個人差があり、症状をほとんど感じない人もいるためです。男性の更年期年齢は40代半ば~50代半ばといわれていますが、これにも個人差があり、早ければ30代から、遅い場合は60歳頃まで発症が見られます。

症状としては、疲労感や集中力・記憶力の低下、抗うつ状態といつた精神的な症状、筋力低下、不眠、発汁、首や肩のこりなどの身体症状、性欲減退、勃起障害といつた性機能に関する症状の3つに分けられます。

体にさまざまな不調が出て、突然、勃起障害になったりすると、自分の体に何が起こっているか理解できず、対応もままならない人が多いです。それがストレスを生むことにもなっています。そうならないためにも更年期についての知識をもっておくことが必要なのです。

こうした症状が出たら病院で検査を受けることが第一。しかし男性更年期に詳しい医師は少なく、一部の泌尿器科の専門医か内分泌系の専門医に限られるのが現状です。

更年期の治療では、精神症状の緩和のために心療内科的なアプローチを行い、抗うつ剤、安定剤などを投与することもあります。また、生活習慣病を併発しないための健康管理、性機能回復のための薬物治療、さらに、低下した男性ホルモンを補うために、場合によってはホルモン補充療法を行うこともあります。

テストステロン、デヒドロエピアンドロステロン(DIIEA)といつたホルモンの補充療法はある程度の効果が認められています。更年期の予防につながるサプリメントとして売られているものの中で、現在、はつきりとした効果が証明されているものは残念ながらありません。

アメリカでは、DHEAがサプリメントとして販売されているが、日本では医菜品としても栄養食品としても許可されていません。更年期の予防という観点からは離れるが、慢性的なビタミンやミネラルの不足によってもさまざまな不調が出るので、まずマルチビタミン、ミネラルを補給し、それでも改善しなければ医師の診断を受けるようにしたいです。

男性ホルモンの低下は、陰茎、精巣、前立腺に影響を与え、骨粗霧症も増加させることが明らかになっています。このほかにも脳、肝臓、腎臓、心、血管系臓器、筋肉などにも影響を及ぼすと考えられています。

男性更年期については、まだまだ研究段階であり、ホルモンの低下と様々な病気との因果関係をはっきしませんが、高血圧や動脈硬化などとの関連も指摘されています。

男性の更年期っていうのもあるんですね。更年期で苦しんでいるのは女性だけかと思ったら、男性にもあるということを始めて知りました。

まだ研究段階ということで、これから良いサプリメントや治療法が見つかっていくのですね。
中高年男性の中には、勃起不全で悩んでいる人も少なくないですが、これはホルモンの低下だけが原因ではありません。

心理的な問題や、喫煙、過度の飲酒やストレス、運動不足などが原因で起こることも多いので、こうした生活を改善することが必要です。また、この時期は更年期障害だけでなく、高血圧、心筋梗塞、糖尿病、痛風、動脈硬化といった生活習慣病が顕在化してくる時期でもあります。

年齢を重ねるといろんな病気も併発してしまうんです。

これまで不規則・不摂生な生活をしていた人は、自分の人生や生活を見直す良い機会ととらえ、危機感をもって生活習慣の改善を目指してほしいですね。健康的な老年期を迎えられるかどうかは、この時期をどう過ごすかにかかっているといっても過言ではありません。

現在すでに血圧が高めの人はDHAやEPAを、また動脈硬化が心配な人は、これらに加えてビタミンB6、B12、葉酸を摂ってもいいです。これらのビタミンには、動脈硬化の危険因子である血中のホモシステイン濃度を低下させる働きがあります。

EPA・DHAを取っておくといいかもしれません。ビタミンB群もいいですね。それから、葉酸ていうと妊婦さんのイメージですけど、男性も葉酸を取っておくといいです。

これから旦那さんとなる人のためにも、男性の更年期について研究してみたいなと思います。
そのためにも少しでも若さを保ちたいと思って ほうれい線 無くす 化粧品 を使ってみたいと思っています。
やっぱり歳とって見える原因の一つにほうれい線って大きいいみたいですから、早いうちから改善しておかなくっちゃですね!!

シングルマザーの佳代子です。私は30代前半の二人の子持ちです。

この頃、暖かくなったと思ったらまた寒くなってしまったりで、下の子が風邪をひいてしまいました。37.7度の熱があるのでちょっと心配です。まだ2歳なので、今日はお仕事をお休みにして、病院に連れていきました。

今はお薬が効いてきてぐっすり眠っています。食欲もあまりないみたいなので、おかゆと缶詰のミカンを食べさせました。ミカンが大好きなのですが、今日は缶詰で我慢してもらいました(^^;

実家暮らしで母もいるのですが、母も毎日ではないけどパートに行っているので、今日は私が病院に連れていきました。

今の職場は、子供を持つ親にとってとても理解のある職場です。本当にありがたいです。

それでは、今日も健康と美容ついて研究していきたいと思います。

今日は血管のお話です。

しなやかな血管は健康のあかし

動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞という2人死因につながるので、これを予防できるかどうかが、その後の人生を大きく左右するといっても過言ではありません。動脈硬化は、ホモシステインというアミノ酸の一種が血管を傷つけることと、酸化したLDL(悪玉)コレステロールが大きな原因です。

ホモシステインは、メチオニンという動物性タンパク質に多いアミノ酸から体内で作られる。ビタミンB群(特にB6、B12、葉酸)があると、ホモシステインは代謝され無害になる。

したがつて動物性タンパク質を控えることと、B群を摂ることがホモシステインの低減につながるのです。ホモシステインは関節炎や骨粗しょう症、糖尿病などに関係しているという報告もあります。

LDLコレステロールは酸化するとマクロファージに無制限に取り込まれ、動脈の壁に蓄積し、動脈硬化の原因になります。ビタミンC、E、β―カロテンやOPC(グレープシ―ド、フランス海岸松樹皮)などの抗酸化ビタミンで酸化を防ぐことは大切です。

ビタミンEは抗酸化作用があり、老化防止のビタミンです。食べ物やサプリメントで補っておくといいですね。

OPCはコラーゲンやエラスチンという血管を構成するタンパク質を酸化から守ることで、血管を保護する栄養素でもあります。SODやグルタチオン、カタラーゼという体内で作られる抗酸化酵素も役に立ちますが、SODが働くにはマンガンや亜鉛、グルタチオンにはセレン、カタラーゼには鉄というミネラルがそれぞれ必要です。

コレステロールはホルモンや細胞膜の原料になる大切な栄養素なので、低すぎるのも問題ですが、高すぎるとそれだけ酸化もされやすくなります。実は、卵など食べ物で摂るコレステロールの3~5倍を肝臓で作つているのです。

その原料は余ったカロリーで、もっともコレステロールの原料になりやすいのは動物性脂肪です。動物性食品を控え、大豆や魚をタンパク源とし、野わ果物を豊富に摂り、適度な運動をすることが大切です。ペクチンなど水溶性食物繊維は、コレステロールを吸着して排泄してくれる働きがありますが、使秘で妨げられてしまいます。

女性に多い便秘は、大腸ガンになるリスクを増やすだけでなく、さまざまな有害物質も吸収してしまうので体調不良の原因にもなりえます。便秘の解消には、食物繊維、運動、水、乳酸菌が助けとなる。

私も便秘がちなので、時々便秘薬に頼ってしまいます。なるべくなら自然に出したいのですが、それならヨーグルト食べるだけでなく運動もしなきゃですよね。

女性は50歳前後で閉経を迎えるますが、更年期の体調不良は40歳代に始まります。卵巣のエストロゲン(女性ホルモン)を作る能力が落ちるためです。ほてりや動悸などの更年期障害の程度は、エストロゲンの降下の急激度によるものです。

東洋の女性は、西欧の女性に比べて更年期障害が少ないのは、もともと閉経前のエストロゲン濃度が低いためだと考えられてきました。しかし、日本では、以前より重い月経痛や月経前症候群を経験する女性が増えてきたことを考慮すると、開経前のエストロゲン濃度は高くなっているのです。

そのため、これからは更年期障害を経験する性も増えるだろうと推測されます。ファイトエストロゲン(植物性エストロゲン)は、大豆に含まれるイソフラボン、亜麻の実に含まれるリグナンなどのことです。

これらはエストロゲンの調整をしてくれるのです。エストロゲンが足りない時には補い、多い時には過剰なエストロゲンを体から追い出してくれる働きが利あります。更年期症状の程度はエスロゲンの減り方によるので、閉経前から大豆や亜麻の実などを摂っていれば、エスロゲンの急激な減少は避けられます。

カフェインとアルコールは、摂りすぎる、ほてりなどの更年期症状を悪化させるし、カルシウムなどを排泄させてしまうため、骨粗しょう症のリスクも高めることになります。

また、体内のビタミンB群を排泄させてしまうため、不安やイライラなどの症状も現れます。

骨粗しょう症の予防には、ほかにカルシウム、マグネシウム、ボロン、マンガン、ビタミンDが役に立ちます。ビタミンCは、骨の重要な構成成分であるコラーゲンの生成に不可欠です。健全な骨のためには、早歩きなど適度な運動も欠かせないですね。

PMSで悩んでいる女性は私の周りにも多いです。せめて更年期くらいは軽く済むように食事療法やサプリメントの提案ができるようにもっと勉強していきたいなと思いました。

最近じゃないけど、今みんな若い人も大人な女性もマツエクとかつけまつげとかしてますよね。私もママとも達がしているのをちょっと気になっていて、聞いてみたんだけど、まつげ美容液を使ってまつ毛を伸ばしてたり、ケアしてるんですって!

何が良いのか聞いてみたら、スカルプDもいいんだけど、しっかり効果が期待できるのってちょっと値段高めのエマーキットっていうまつげ美容液が良いらしいの。エマーキット最安値はネットで買うのが一番安くてお得らしいのでちょっと見てみました~(^^)

おしゃれに気をつかうママ友たちと一緒だと何かと気後れしちゃうんだけど、おしゃれにも敏感になれるから友達ってありがたいです!

シングルマザーの佳代子です。30代前半の二人の子持ちです。

今は離婚して実家に転がり込んでいます。うちは両親が帰ってきてもいいと言ってくれたので、ありがたくその恩恵を受けています。

ですので、私が仕事をしているときは母が子供たちを見てくれています。中には両親にも頼れない人もいますから、本当には私は恵まれていると思います。

少し考えが甘かったのかもしれません。

だから元夫は私の元から去っていったのかもしれないなと日々思うことがあります。でも、振り返っても仕方がありません。今までの自分の行いを見つめなおして、人生再スタートして頑張っていきます。子供たちを幸せにしないといけませんし、私の力できちんとやりたい習い事も教育も受けさせてあげたいと思っています。

上の子は4歳なので、そろそろお友達に影響されて習い事をしたいと言い出しそうな感じなので、子供の習い事も考えていかないとなと楽しみな反面、大変です。

それでは、今日も健康と美容ついて研究していきたいと思います。

妊娠中の友人がいたのでちょっと妊娠時の症状について書いていきたいと思います。

妊娠時によくあらわれる症状について

妊娠時に現れやすい症状は、妊娠5週目くらいからはつわりが出始めが、症状の強弱には個人差が大きいです。この期間はホルモンが急激に変化するので、リラックスして体の変化に順応するようにすれば、症状が軽減されることもあります。

ビタミンB群は神経の緊張、イライラ、不安を抑える働きがあり、中でもビタミンB6については、つわりの軽減に効果的です。

妊娠中の母体の障害については、つわりのほかに、妊娠中毒症や妊娠糖尿病などがあります。妊娠中にカロリーを摂取しすぎると、これらの障害につながるので、カロリーを抑え、効率的に栄養素を摂取するにはサプリメントが有効なんです。

こういう時にサプリメントはとても有効だし、便利なんです。

ただし、何でもいいってわけではなくて、妊娠時に必要なものを摂ることっていう前提があります。

例えば、ビタミンAなど脂溶性のビタミンには過剰性があり、中でもビタミンAは摂りすぎると胎児奇形の危険性があるのです。しかし普通に食物から摂取する、あるいはサプリメントに明記された使用量の範囲内で摂取するのであれば、過剰症の心配はありません。

いづれにしても大事をとって、摂らないほうがいいものもあります。

出産後は、体力を回復し、出産時の出血を補給するためにタンパク質やミネラル(鉄、銅、マグネシウム)、ビクミンB6、B12、葉酸などの不足に注意し、授乳期には乳汁分泌に役立つタンパク質、鉄、カルシウム、水分を十分に補給することが大事です。

妊娠前、妊娠中は、葉酸、カルシウム、鉄、ビタミンB群をサプリメントでとると良いです。

食事って妊娠期でなくてもとても大事なものです。だから、不摂生にならないようにしていきたいですね。時々ならジャンクフードもいいですし、美味しいですよね。

抗酸化物質を摂り、アンチエイジング

働きざかりは、食事が不規則不摂生になりやすい時期です。こうした食生活を続けていると、気づかない間に高脂血症や動脈硬化が進み、ある日、心筋梗塞などの心疾患が原因で突然死してしまう、という危険な事態にもなりかねません。

こうした事態を予防するには、まず、植物に含まれる抗酸化物質を多く摂取し、体の抗酸化力を高めることです。植物は光合成を行って生命を維持しているので、当然ですが、紫外線によって発生する活性酸素から身を守っています。

だから植物が蓄えている物質の中にはビタミンCやEのほかにも、カロテン、カテキン、フラボノイド、アントシアニンなど、強力な抗酸化物質が多く見つかっています。

また、コエンザイムQ10もとってもいいんです。CMでもやっていますよね。還元型~還元型~っていう♪これは、別名「ユビキノン」と呼ばれる補酵素で、活性酸素がミトコンドリアにダメージを与えることを防ぎ、細胞の老化を予防します。

抗酸化作用のあるビタミンEとコエンザイムQ10を組み合わせれば、老化防止の効果がさらに高まります。

これはアンチエイジング効果抜群なので、女性はビタミンEとコエンザイムQ10摂るといいですね。どちらもサプリメントとして人気です。

私は今となっては年相応に見えない見た目になってしまい、アンチエイジングにはとても興味津々です。子供たちがこれから幼稚園、小学校と上がって行くときに、記念写真を撮る気に私が老けていたらかわいそうですから、しっかりアンチエイジングを行っていきたいと思います。

それに、アンチエイジング効果、コエンザイムQ10の効能には、疲れやすい体を疲れにくくするという働きもあります。ですから。最近疲れが取れにくくなったなと感じる方にもいいサプリメントです。

コエンザイムQ10はなかなか体内で作り出すことが難しいので、サプリメントで効率よく摂取するのが一番です。そういう食品でもなかなか賄えない栄養素は、サプリメントに頼るのが良いですね。

なかでもエイジングリペア 最安値で評判の商品はこちらからチェックしておいて下さい(^^)v

シングルマザーの佳代子です。30代前半の二人の子持ちです。

連休はきっと親子連れで遊園地わっているんだと思います。子供たちにとって父親がいません。それが本当に子供たちには申し訳ないと思っています。一応養育費は子供たちが成人する日までいくらかもらえるようになりました。

夫は普通のサラリーマンですから決して稼ぎが良いわけではないので、本当に微々たるものですが、それでもないよりはましです。

前の夫は、子供たちのことも大事にしてくれなかったので、優しくて子供好きな新しいパパを作ってあげたいなと思っています。私もまだ30代前半ですから!また恋をして結婚してという夢も抱いています。

離婚のストレスで私はおかしくなってしまい、欲しくもないブランド品を買い込んでしまいました。その借金も返さないといけないので、仕事も頑張ります。色々課題はありますが、それでも子供たちがいてくれるから前向きに頑張ろうと思えました。

それでは、今日も健康と美容ついて研究していきたいと思います。

仕事も頑張らなきゃと新たに心に決めたので、今日のテーマは働き盛りの人のための健康についてです。

働き盛りだからこそ健康には気を付けましょう

忙しいときこそ栄養補給は大事です。

働きざかりの30代、40代のビジネスマンやOLは、仕事に追われ、食事を抜いたり、ファストフードなどの簡単な外食ですませてしまったり、十分に栄養素を摂れていない場合が多いです。

しかし、健康を維持できなければ、将来的には仕事に大きな支障を来すことにもなるので、仕事で頑張らなければいけないこの時期こそ、きちんとした食事を心がけ、その上で上手にサプリメントを利用したいものです。

高脂肪・高力ロリー食に注意です。外食が多くなると、どうしても脂肪の多い高カロリーなものを食べる機会が増えてしまいますよね。これに運動不足が加わると、肥満になったり、コレステロールや脂肪が体に蓄積し、高脂血症などになったりする危険が増します。さらにコレステロールの中でも、LDLコレステロール(別名、悪玉コレステロール)が活性酸素の働きで酸化することで、動脈硬化などにもつながっていきます。

予防のためには、運動を心がけるとともに、動物性脂肪の摂取をひかえ、抗酸化の働きがあるビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類を摂るといいです。

ビタミンEは抗酸化作用に優れているので、ビタミンEのサプリを摂るのはいいですね。

これらの抗酸化物質とともに、抗酸化酵素の働きを活性化するセレン、亜鉛といったミネラルを一緒に摂ることも必要です。

また、イワシやサバなどの青魚、レバー、ホウレン草などに多く含まれるコエンザイムQ10には、体の抗酸化作用を強め細胞を活性化する働きがあるので、ぜひ、積極的に摂取したいものです。

カネカのCMでもおなじみのコエンザイムQ10は、疲労回復、美肌などの効果もあります。

そして、仕事で疲れたらビタミンBをとるといいです。疲れやすい人にぜひ摂ってほしいのが、ビタミンB群です。特にBlは代謝を促進し、疲労物質である乳酸の合成を防いでくれる働きがあります。

疲労を感じても忙しく休めない状態が長く続くと、疲労物質が体内に蓄積されて慢性的な疲労となってしまいますが、B群の仲間であるナイアシンは、この疲労物質を分解・処理する働きがあるのです。

また、高麗ニンジン関連の製品やニンニクなどを摂ると、疲労の回復力が高まることは良く知られていますよね。ただし高麗エンジンは、肥満で血圧が高めのときは摂りすぎに注意が必要です。

目の疲れにもビタミンは効果的です。デスクワークに従事する人は、眼精疲労やドライアイに悩むことも多いですよね。ずっとパソコンを見ていると目も肩も腰も疲れてくるかと思います。

まず、疲れ目にはビタミンB群、目の粘膜を強化するにはビタミンA。日の周りの毛細血管は細かくて栄養が伝わりにくいので、それを広げてくれるビタミンEも良いんです。

また、ブルーベリーエキスに含まれるアントシアニンには強力な抗酸化作用があり、活性酸素の影響を受けやすい角膜や水晶体、それを支える毛様筋を守ってくれる効果があります。

飲酒やたばこにもサプリメントは効果的です

飲酒・タバコにもサプリメントが効果的なんです。付き合いや接待で、あるいはストレス解消のために頻繁にお洒を飲む人は、肝機能を高めるウコンやクロレラ、カキやシジミのエキス、スピルリナなどを摂るといいです。

今スピルリナのサプリも人気です。

また、お洒の飲みすぎによる脂肪肝の予防には、レシチンやビタミンB群が効果的で、二日酔いの解消にも有効です。これは覚えておくといいですよ。

ただし、アルコールにはビタミンB1の吸収を妨げる作用があるので、お酒と一緒にB群の豊富なレバーやナッツ類を食べたり、サプリメントを利用したりといったことを心がけておくといいです。

また、タバコは1本吸うごとに約25mgのビタミンCが失われるので、多く吸う人ほどサプリメントでしっかり補給することが大切です。なかなかビタミンCをそれほど多く補おうとすると食品ではかなり大変なことです。そういう場合はやっぱりサプリメントですね。

お酒を飲み、タバコも吸うという人は、β―カロテンのかたよった摂取に注意したいです。こういう人がβ―カロテンを大量に摂取すると、ガンの発生率を高めるというデータがあるんです(ダートマス大学JohnABaroll教授らによる研究)。

β―カロテンだけでなくα―カロテンやリコピン、ルテインといった複数のカロテノイドを摂ることが大切です。

働き盛りの人は体調が悪くても疲れていて休めない時ってありますよね。そういう時はビタミンが効果的なんです。

ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、そしてコエンザイムQ10はとっておくといい栄養素です。疲れに負けない体つくりにはサプリメントも活用してみてくださいね。

シングルマザーの佳代子です。30代前半の二人の子持ちです。

今日はお休みなので、朝から子供たちと一緒です。カレーが食べたいというのでお昼はカレーを子供たちと一緒に作りました。少しお手伝いができるようになってきて助かってます。

午後からは子供たちを連れて外出します。お化粧をして子供たちが恥ずかしくない母親でありたいなと思っています。

私自身もまだ30代前半ですから、40代、50代に見えてしまうのはやっぱり悲しいです。かなりショックです(涙)だから、年相応にみられるようにお肌のお手入れは手を抜かないようにしていきます。

身体はまだ疲れやすかったり、貧血などがあったりしますが、食欲はでてきたので、太ってきました。うちの子たちは何でもよく食べてくれるので、病気知らずです。本当にありがたいです。

PMSの症状に気づいていますか?

私は、離婚のストレスでPMS(月経前症候群)の症状が重くなりました。主に、イライラや不安などの精神的な症状です。出産後にひどくなる人もいらっしゃいます。

ただ、PMSは考え方や生活を少し変えただけでも改善できるんです。PMSの症状が重い人の中には「母親も症状が重かったから、私も重いに違いない」と、思い込みの強い人がいます。

こういう人は基礎体温とともに毎日の体調をメモするだけでも症状が良くなったりします。女性に気をつけてほしいことのひとつに、冷えがあります。冷えは万病のもとです。

月経痛の原因にもなるし、体を冷やさないように注意してください。そして私のようにストレスをためず規則正しい生活を送ってほしいと思います。

生活習慣を改善するのは難しいことですが、夜、眠れなかったらアロマを焚いてリラックスする、朝起きたら日光を浴びるなど、生活の中に自分なりのリラックス法を作るだけでも、体のリズムが整って体調が良くなってきます。

妊娠前から健康管理をしておくことは言うまでもなくとても大事なことです

妊産婦の健康管理が重要であることは言うまでもないですけど、できれば妊娠前から婦人科で診断を受けるなどして、病気や感染の有無、さらに、ホルモンの分泌状態なども把握しておいて、計画的に将来の妊娠に備えるようにするのが一番です。

甲状腺の機能に何らかの異常がある女性は1割弱いるといわれていますが、普段の生活では気づかないことが多いです。しかしながら、妊娠に際しては、不妊、流産、死産、妊娠中毒症と深くかかわっていることがあるのです。

このほか、特発性血小板減少症も女性に多い病気で、妊娠中に悪化することが知られています。流産、死産をくり返す抗リン脂質抗体症候群は自己免疫の異常であることが知られていますが、妊娠するまでは気づかないことが多いということです。

妊娠前に検査を受けておけば、こうした危険因子が自分にあるかどうかがわかるので、適切な治療をした上で妊娠に臨むことができるのです。

最近女性に増えている性感染症にクラミジアがありますが、これは、感染しても8割以上の人に自覚症状がないといわれています。放置しておくと不妊や腹膜炎、子宮外妊娠につながりやすいので、妊娠前に感染の有無を調べておくとよいです。

婦人科って妊娠して出産した経験がないとなかなか行きにくい病院ですよね。歯医者さんよりも行きにくいかと思います。でも、かかりつけの婦人科を作っておくといざという時には頼りになります。

妊婦は十分な栄養を摂り、胎児の発育と母体の健康維持に努めなければならないですが、妊娠してから食事に気をつけるのではなく、妊娠の予定・可能性がある女性は、普段から栄養素の不足がない食事を心がけておくといいですね。

中でもカルシウム、鉄、業酸は妊娠前から積極的に摂取し、特に葉酸は欠乏すると胎児の脳や神経の奇形を引き起こすので、欠乏しないように注意しておくといいです。

葉酸って、妊娠してから摂るんじゃないの?って思っている人もとても多いのですが、実はプレママの時にとっておいたほうがいいんです。

妊娠後はこれらの栄養素はもちろん、そのほかの栄養素もバランスよく摂ることを心がける。妊婦は、ホルモンの増加で消化管の運動が低下するため、便秘しやすくなってしまいます。

予防のためには、食物繊維を増やし、脂肪の摂りすぎに気をつけることが大切です。器官形成期である妊娠6週から12週までは、胎児が薬物や環境の影響を受けやすい時期なので、食事に気をつけるだけでなくタバコやお酒を控え、薬は必ず医師に相談してから服用するようにしてくださいね。

たばこなんて絶対にダメですよ!できれば旦那さんにも禁煙してもらってください。禁煙できないようであれば、家では絶対に吸わないようにしてもらってくださいね。

ただ、すでに持病があり、薬の服用が必要な人の場合は、好娠前に医師に確認しておくことです。自己判断で急に薬をやめてしまうと、かえって母体の健康を損い、結果的に母児ともに危険な状態になってしまう可能性もありますから。

薬の服用が心配な人は、できれば妊娠前にかかりつけの医師に相談して、母体に影響の少ないくすりにかえるなどしてから、計画的に妊娠するようにするのが一番です。

私も熱があっても薬を飲まないようにしていました。だからおばあちゃんの知恵袋的な民間療法をやっていましたよ。ショウガで体を温めたりとかしてました。とにかく体を冷やすと良くないので、暖かくして過ごして、風邪を治すようにしていました。

 

 

 

コレかなり良かったんで友美にも教えとくねー! シルキーカバー テレビ  ここから入れるから確認してみて~

シングルマザーの佳代子です。30代前半の二人の子持ちです。

私は離婚のストレスから、30代前半にはとても見えないくらいの見た目となってしまいました。肌はボロボロで、シミが増え、シワもほうれい線やおでこのシワも目立つようになってしまいました。

今の30代前半の女性って、まだまだ若々しくて、キレイで、仕事も恋愛も充実していてっていう方が多いと思うのですが、私はストレスでだいぶ老けてしまいました。夫の浮気で食事ものどを通らなくなってしまい、痩せすぎてしわが増え、老けて見えるようになってしまいました。

当時と比べたらだいぶ立ち直ってきたのですが、まだ体は本調子とは言えず。でも、子供たちのために元気でいたいし、また、新しい恋に向けて頑張りたいんです。

だから、身体を丈夫にし、同時に肌のお手入れも日々怠らずやっていこうとおもいます。そのために、食事だけでは賄えない栄養をサプリメントを勉強して、サプリでも摂取して早く健康を取り戻そうと頑張っています。

子供たちには栄養のある食事をさせたいし、子供たちのために私もバリバリ働かないといけませんからね!

代謝をアップさせることがダイエット成功への近道です

ダイエットしたい!っていう思いは、女性にとって常に頭にあることですよね。でもなかなか成功しないっていう場合が多いのではないでしょうか。続けられない、続かないっていうのが最大の理由なのではないかなって思うのですが、ダイエット成功への近道は、代謝を上げることです。

代謝をアップさせることでダイエットを成功させることができるのです。歳をとると、代謝が下がってきますよね。なかなか痩せにくいっていうのもこれが原因です。食事の量を減らしたってなぜか痩せない…。そんな経験あるのではないでしょうか。

ダイエットは基礎代謝を整えてから始まるといっても過言ではありません。体重を減らすためには基礎代謝を高めることが第一なんです。無理な食事制限をすると代謝に必要な栄養素が不足し、結果として基礎代謝を低下させてしまうことにつながります。そうなると余ったカロリーはいざという時のために脂肪として体内にためられてしまうのです。

これが、食べてないのに痩せない理由ですね。

痩せたいと思ったら、すべての栄養素をバランス良く摂ることが大切なのです。特にビタミンB群、マグネシウムの不足は基礎代謝の低下を引き起こしやすいので、十分に摂取したいところですね。

肌を美しく保つには洗顔や保湿など普段のお手入れが欠かせませんが、洗顔のしすぎは必要な皮脂まで落としてしまい、逆に皮脂分泌の増加につながるので要注意です。

肌に良いビタミンの代表はCとB群で、特にビタミンCは、細胞の老化を予防する抗酸化作用があり、抗ストレスの働きもあるのです。アンチエイジングには欠かせない栄養素ですね。シミ、しわが増えてきたとお困りのあなたは是非ともビタミンCを積極的にとるように心がけてみてください。

フランス海岸松樹皮も抗酸化作用が極めて高く(ビタミンCの20倍)、コラーゲンの生成も助ける。)で、肌荒れや紫外線による肌のトラブル防止に効果的です。

若い女性にとっては、将来の出産に備えた体づくりも重要な課題になってきます。まず、子宮や卵巣の機能についてきちんとした知識を持ち、常に自分の体調の変化を把握することが大事ですね。

そして必要があれば生活を改善し、不足する栄養素を補うようにしたいです。妊娠してから慌てるのではなく、前もって健康的な体づくりを目指してほしいです。妊婦さんに必要な葉酸も、実は妊娠する前から摂っておいたほうがいいんです。

20代、30代をどう過ごすかで更年期に受けるダメージも変わってくるようです。ですから、普段の生活習慣や食べるもの、適度な運動などを日頃から取り入れておくと、更年期も軽くて済みますから、今のうちから気を付けておくといいですね。

更年期になると女性ホルモンが低下して骨密度が減少し、これが骨粗霧症の原因となっているのですが、20代、30代のうちに骨の生成に必要なカルシウム、ビクミンDを十分に摂り、骨密度を上げておけば、その後の減少に備えられるのです。

これは私にとってすごく興味深い話です。来る更年期に備えて今からカルシウムをとるようにしておこうと思います。更年期が原因で、体の不調だけではなく、心の不調もきたし、離婚するときと同じように子供たちに当たってしまわないように、同じことを繰り返さないようにしたいと思います。

今回もダイエットについて調べてみました。ダイエットを成功させるには、基礎代謝を上げることです。そして、それに必要な栄養素はビタミンC、ビタミンB群、松樹皮、カルシウム、マグネシウムが良いです。

松樹皮って何って最初私は知らなくて最近知ったんですが、主にフランス南西部の海岸に自生している松です。これが、強い紫外線にさらされて厳しい環境で育っているため、フラボノイドが多いということが分かったのです。

そのため、強力なアンチエイジング効果が期待できるもので、上の方でも記載したようにビタミンCの20倍とも言われているんです。

シミが気になっている場合は、松樹皮のサプリメントを服用してみるといい感じですよ。

 
 
 
 

敏感肌で基礎化粧品選びをすっごい悩んでた理子ちゃんが使ってよかったよーって言ってたのがラミューテ敏感肌化粧品でした。化粧水と美容液の2個使いでOKなんだって!忙しい人もこれだけでお手入れできちゃうんだからいいかもー!気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

シングルマザーの佳代子です。離婚のストレスで肌もボロボロ、健康もあまりいい状態とは言えません。ですが、2人の子供と一緒に日々前向きに頑張っていこうと思っています。

今や30代前半とは思えないくらいの老け具合で、このままでは子供に恥ずかしい思いをさせてしまうと思い、子供の参観日や運動会に向けてきれいになりたいと思います。老けて肌もボロボロ、抜け毛でみっともない姿で参観日に行ったら、子供たちがいじめの対象になってしまうかもしれません。

何がきっかけでいじめが起こるかわかりませんから、私が原因とならないように、今は子供たちのために自分を取り戻したいと思っています。

早急に美容と健康を回復させるにはサプリメントも活用することが近道

今日は、ダイエットのしすぎは美と健康を損なってしまうということについてお話ししたいと思います。

女性っていつになってもダイエットが永遠のテーマですよね。理想的な体型を求めてダイエットに走るのです。実際には、健康体重であるにもかかわらず、本人としては納得できないんですよね。

痩せている子と比較して、自分は太っているって思ってしまうのです。もっと痩せなきゃきれいになれないって感じてしまうんですよね。そうやって不必要なダイエットを行っていくんです。

そうして過剰なダイエットをしていると、脂肪ではなく筋肉を落とすことになるますので、基礎代謝が下がることになります。それは、リバウンドを起こしやすいのです。ですから、逆効果なんですよね。一瞬痩せたとしても、リバウンドしてしまうので、また元に戻るかそれ以上になってしまうということが多いです。

また、体脂肪の極端な減少は、月経不順や無月経にもつながるので注意が必要です。さらに、思春期の若い子のダイエットは、将来、骨密度を低下させることにもつながってしまうことになりかねません。

思春期の女性には鉄欠乏性貧血が多いですが、ダイエットによって、さらに鉄分が減る危険もあります。女性として健康的な体を保つためにも、鉄、タンパク質、ビタミンC、葉酸、ビタミンB6、B12は、十分に摂るようにしたいところです。

関連するサプリメントとしては、カルシウム、鉄、ビタミンB群を摂取できるサプリメントが良いです。

若い女性をターゲットとした健康・美容情報が氾濫していますが、それらを適切に判断するには、まず女性の体の仕組みや機能を理解しておくことが大切です。例えば女性特有の機能に月経がありますが、月経時の体の変化について知っておくことで、月経痛などの症状に適切に対応できるようになります。

月経に関する症状や悩みの中で最近増えているのが月経前症候群(PMS)です。私も離婚が原因でストレス耐性が著しく低くなってしまい、情緒不安定さやイライラがとても激しくなりました。子供に八つ当たりしてしまう時は決まってPMSの時でした。

PMSは、イライラ、憂うつ、集中力の低F、不安感、不眠といつた精神症状や、腹部の痛み、頭痛、めまい、乳房の張り・痛み、にきび、肌荒れ、便秘・下痢などの身体症状を訴える人が多いです。

PMS自体、200種類以上もの症状が確認されているので、このほかにもいろんな症状が出てきます。

症状が現れるのは、排卵から月経が始まるまでの2週間程度。この期間は、卵巣から分泌される黄体ホルモンが急激に増えて、また減っていく時期であります。月経前に起こる諸々の症状は、その時期と周期性から、黄体ホルモンとの関係が深いと考えられています。

また、月経に対してネガティブな感情をもっている人ほど症状が出やすいなど、精神面との関わりが大きいこともわかっています。私は乳房が張って痛みがあったりしました。精神症状のほうが大きかったですね。今もそれは起こっていて、自分でもどうにもできない時があります。

婦人科を受診したほうがいいかなと感じています。

PMSを感じている人は、月経に対して嫌悪感をもつのではなく、女性の基本的な機能として受け人れることが大切です。ストレスとの関係も指摘されているため、普段の生活でストレスをためないことも予防につながります。

今は、夫と離婚して少し気持ちが落ち着いてきているので、離婚前と比べると少しは穏やかになってきました。それと、これから私が子供たちを立派に育てないといけないという責任感もありますから、落ち込んでもいられないんです。

そのことが、逆にプレッシャーになってしまうこともありますが…。

PMSの精神症状にはビタミンB6、カルシウム、マグネシウムなどが有効で、中でも神経伝達物質の生成に欠かせないビタミンB6は抑うつ状態などを改善する働きがあります。

月経時には、プロスタグランジンという物質が分泌され、子宮筋が収縮することにより月経痛が引き起こされ、プロスタグランジンとその代謝物質が体内に循環してしまうことで、吐き気や頭痛、下痢といつた症状が出たりします。

また、PMS同様、過度のストレスにより症状が強く出ることもあります。まさに私の場合は、これでしたね。身体がだるくて怠けているわけじゃないのに起き上がれないんです。心も落ち込んでいますから、がんばれないんですよね。

月経痛の緩和には、鎮痛効果をもつフランス海岸松樹皮が効果的です。ただし月経痛は子宮筋腫や子宮内膜症などが原因で起こる場合もあるので、痛みが激しい場合には、婦人科に行かれたほうがいいかもしれません。

婦人科って出産経験がないと、何となく行きづらかったりするかもしれませんが、早期発見が治療も簡単ですし、大事には至らないので、本当にかかりつけの婦人科っていうものを作っておくと女性はいいと思います。

という私も、かかりつけの婦人科はないので、PMSのこともありますから、探してみようと思っています。

と言うわけで無理なダイエットは体の事を考えるとやっぱり注意が必要なんです。そこでオススメなのは 酵水素328生サプリ が評判なんです。私も頑張ってダイエットに挑戦してみます(^_^.)

こんにちは、当ブログ管理人佳代子です。私は32歳2人の子持ちの母親です。子供たちと一緒に日々頑張っています。

離婚してシングルマザーとして、これから新しい人生を子供たちと歩んでいきます。離婚前は色々ありました。夫の浮気に悩まされ、自分を否定されたような感覚に陥り、不安や寂しさ悔しさなどほんっとにいろんな感情に身も心もボロボロになりました。

30代には見えないくらいのシワやたるみ。ストレスで抜け毛が激しくなり薄毛にも悩んでいます。食事ものどを通らなくなり、痩せたのは良いのですが、肌荒れがとにかく酷いです。

こんな状態なので、食事療法も取り入れつつサプリメントも利用して早く健康と30代ぽいお肌の張りを取り戻したいと思っています。

一応、結婚する前は看護師として働いていたので、栄養学とかは興味がありました。サプリメントの知識も身につけて、これから看護師として復帰出来たら、サプリメントの良さや摂り方も周りの人たちに教えていけたらと考えています。

サプリメントを正しく使うためには自分の身体の状態を知ることから始まります。

サプリメントって身体に良いっていうイメージだけ先行しているように思います。飲んでおけばもう大丈夫的な…。ですが、やみくもにとっても、いい効果が現れるわけではありません。むしろ、逆に害になってしまうことだってあるんです。

だから、正しい知識を身につけて、自分に合ったサプリメントを摂って、より健康に、より美肌効果を得ましょう。

美と健康を目指すには、まずは食事が大切。子供たちの食事は結構気を使っています。

私には子供が2人います。子供たちへきちんと将来への基盤となる食習慣を作ってあげることが大切だと日々思っています。

子ども時代の食生活は、健全な発育という観点からだけでなく、正しい生活スタイルの確立、さらに将来の生活習慣病予防という観点からも非常に重要です。幼児期、学童期、思春期といった発育段階に合わせ、栄養面だけでなく、食習慣、しつけ、心の健康など、さまざまな側面から食生活を考えていく必要があります。

満1歳から小学校入学前までの幼児期は、乳幼児期に次いで発育が盛んな時期であり、神経や運動機能、精神面が著しい速さで発達していきます。幼年期は、食習慣の基盤をつくる大切な時期なので、偏食や欠食を防ぎ、味覚の発達などにも気を配り、十分な栄養を摂るよう心がけたいものです。

忙しいとどうしても手抜き料理になってしまいますが、手抜きでも栄養のバランスを考えたもの、なるべくレトルトを使わない様にしていきたいものです。

栄養面では、特にカルシウム、鉄の不足に注意し、そしゃく力を高めるために、噛みごたえのあるものを意識的に与えることも必要です。うちでは、根菜類を食べさせていました。れんこん、ブロッコリー、きゅうりとかにんじんとか大根とか噛みごたえのある野菜は栄養素も豊富で良いんです。

でもこの時は、まだ消化機能やそしゃく力が十分でないため、 3食では必要な栄養を補えない場合もあります。そのため、間食が重要になってくるのですが、間食は子どもが欲しがる時に与えるのではなくて、毎日時間を決めて与えて、間食からのエネルギー摂取量は食事全体の10~20%にとどめるようにします。

それ以上になると、ほかの食事に対しての食欲不振を招いてしまいます。味の濃い市販の菓子類などは極力避けて、できれば果物や、栄養のバランスを考えた手作りのものを与えるようにするのがベストです。

なかなか難しいですけどね。たまには手作りのクッキーとか作ってあげると子供たちも喜びますし、クッキーとかマドレーヌとかなら混ぜてオーブンに入れればOKですし、タネは冷凍庫で保存出来て、好きな時に切ってオーブンで焼く事も出来ますから土日とかで作っておくと良いですよ(*^^)v

6歳から12歳の学童期は、体型が幼児型から成人に近づき、食習慣も確立されてくる時期です。身体的には急速な身長の伸び、乳歯から永久歯への生え変わりなどが起こるので、骨や歯の生成に欠かせないカルシウム、鉄を十分に摂収することが大切です。

近年、動脈硬化、高血圧、糖尿病など、生活習慣病を発症する子どもが見られるようになってきています。脂質の多い欧米型の食事、運動不足、食べすぎ、過度のストレスなどがあれば、子どもでも、こうした病気にかかることを知っておいてほしいです。

思春期は、タンパク質の所要量が人生で最も多い時期であり、これによって筋肉や血液、内臓が作られ、大人としての体が完成していきます。

また、ほとんどの女性がこの時期に初経を迎え、女性としての体の機能が整えられる時期です。月経が始まってすぐは周期が安定せず、無排卵性月経も見られるますが、初経後3~ 5年で排卵のある規則正しい月経となっていきます。

食生活という点から見ると、家庭で好きな時に好きなものを食べる、あるいは外食ちなど、食の自己選択が始まる時期です。そのため、欠食、外食、夜食、ダイエットさまざまな問題が生じてきます。

欠食の中でも朝食を抜く中学生、高校生が最も多いそうです。朝食を抜くと脳にエネルギーが供給されないため、集中力が低下して学習にも集中できないし、体温が上昇しないため身体活動にも支障が出てきます。

一方で、外食が多くなると、高エネルギー高脂肪を摂取しますが、ビタミン、ミネラル、食物繊維が不足するという偏りも出てきます。

だから、きちんと3食を摂るという事はとても大切なことなんです。特に年頃の子どもを持つママさんならお子さんの為に栄養バランスのとれた食事、なるべくコンビニ弁当などの添加物がいっぱい入っているものを買わないで、“作る”ということが大切です。

とは言っても、私の様に忙しいシングルマザーさんは、そうも言っていられませんよね。そういう時は生協とかパルシステムとか頼んでも良いんじゃないかなって思います。