疲れていても明日休めないそんな時こそビタミンのサプリメントです

シングルマザーの佳代子です。30代前半の二人の子持ちです。

連休はきっと親子連れで遊園地わっているんだと思います。子供たちにとって父親がいません。それが本当に子供たちには申し訳ないと思っています。一応養育費は子供たちが成人する日までいくらかもらえるようになりました。

夫は普通のサラリーマンですから決して稼ぎが良いわけではないので、本当に微々たるものですが、それでもないよりはましです。

前の夫は、子供たちのことも大事にしてくれなかったので、優しくて子供好きな新しいパパを作ってあげたいなと思っています。私もまだ30代前半ですから!また恋をして結婚してという夢も抱いています。

離婚のストレスで私はおかしくなってしまい、欲しくもないブランド品を買い込んでしまいました。その借金も返さないといけないので、仕事も頑張ります。色々課題はありますが、それでも子供たちがいてくれるから前向きに頑張ろうと思えました。

それでは、今日も健康と美容ついて研究していきたいと思います。

仕事も頑張らなきゃと新たに心に決めたので、今日のテーマは働き盛りの人のための健康についてです。

働き盛りだからこそ健康には気を付けましょう

忙しいときこそ栄養補給は大事です。

働きざかりの30代、40代のビジネスマンやOLは、仕事に追われ、食事を抜いたり、ファストフードなどの簡単な外食ですませてしまったり、十分に栄養素を摂れていない場合が多いです。

しかし、健康を維持できなければ、将来的には仕事に大きな支障を来すことにもなるので、仕事で頑張らなければいけないこの時期こそ、きちんとした食事を心がけ、その上で上手にサプリメントを利用したいものです。

高脂肪・高力ロリー食に注意です。外食が多くなると、どうしても脂肪の多い高カロリーなものを食べる機会が増えてしまいますよね。これに運動不足が加わると、肥満になったり、コレステロールや脂肪が体に蓄積し、高脂血症などになったりする危険が増します。さらにコレステロールの中でも、LDLコレステロール(別名、悪玉コレステロール)が活性酸素の働きで酸化することで、動脈硬化などにもつながっていきます。

予防のためには、運動を心がけるとともに、動物性脂肪の摂取をひかえ、抗酸化の働きがあるビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類を摂るといいです。

ビタミンEは抗酸化作用に優れているので、ビタミンEのサプリを摂るのはいいですね。

これらの抗酸化物質とともに、抗酸化酵素の働きを活性化するセレン、亜鉛といったミネラルを一緒に摂ることも必要です。

また、イワシやサバなどの青魚、レバー、ホウレン草などに多く含まれるコエンザイムQ10には、体の抗酸化作用を強め細胞を活性化する働きがあるので、ぜひ、積極的に摂取したいものです。

カネカのCMでもおなじみのコエンザイムQ10は、疲労回復、美肌などの効果もあります。

そして、仕事で疲れたらビタミンBをとるといいです。疲れやすい人にぜひ摂ってほしいのが、ビタミンB群です。特にBlは代謝を促進し、疲労物質である乳酸の合成を防いでくれる働きがあります。

疲労を感じても忙しく休めない状態が長く続くと、疲労物質が体内に蓄積されて慢性的な疲労となってしまいますが、B群の仲間であるナイアシンは、この疲労物質を分解・処理する働きがあるのです。

また、高麗ニンジン関連の製品やニンニクなどを摂ると、疲労の回復力が高まることは良く知られていますよね。ただし高麗エンジンは、肥満で血圧が高めのときは摂りすぎに注意が必要です。

目の疲れにもビタミンは効果的です。デスクワークに従事する人は、眼精疲労やドライアイに悩むことも多いですよね。ずっとパソコンを見ていると目も肩も腰も疲れてくるかと思います。

まず、疲れ目にはビタミンB群、目の粘膜を強化するにはビタミンA。日の周りの毛細血管は細かくて栄養が伝わりにくいので、それを広げてくれるビタミンEも良いんです。

また、ブルーベリーエキスに含まれるアントシアニンには強力な抗酸化作用があり、活性酸素の影響を受けやすい角膜や水晶体、それを支える毛様筋を守ってくれる効果があります。

飲酒やたばこにもサプリメントは効果的です

飲酒・タバコにもサプリメントが効果的なんです。付き合いや接待で、あるいはストレス解消のために頻繁にお洒を飲む人は、肝機能を高めるウコンやクロレラ、カキやシジミのエキス、スピルリナなどを摂るといいです。

今スピルリナのサプリも人気です。

また、お洒の飲みすぎによる脂肪肝の予防には、レシチンやビタミンB群が効果的で、二日酔いの解消にも有効です。これは覚えておくといいですよ。

ただし、アルコールにはビタミンB1の吸収を妨げる作用があるので、お酒と一緒にB群の豊富なレバーやナッツ類を食べたり、サプリメントを利用したりといったことを心がけておくといいです。

また、タバコは1本吸うごとに約25mgのビタミンCが失われるので、多く吸う人ほどサプリメントでしっかり補給することが大切です。なかなかビタミンCをそれほど多く補おうとすると食品ではかなり大変なことです。そういう場合はやっぱりサプリメントですね。

お酒を飲み、タバコも吸うという人は、β―カロテンのかたよった摂取に注意したいです。こういう人がβ―カロテンを大量に摂取すると、ガンの発生率を高めるというデータがあるんです(ダートマス大学JohnABaroll教授らによる研究)。

β―カロテンだけでなくα―カロテンやリコピン、ルテインといった複数のカロテノイドを摂ることが大切です。

働き盛りの人は体調が悪くても疲れていて休めない時ってありますよね。そういう時はビタミンが効果的なんです。

ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、そしてコエンザイムQ10はとっておくといい栄養素です。疲れに負けない体つくりにはサプリメントも活用してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です