シングルマザーの佳代子です。私は30代前半の二人の子持ちです。

うちの子たちはサバの水煮の缶詰が好きで、それさえあればごはんが食べれるので、私が仕事で遅くなってしまっても助かっています。

上の子が4歳なのですが、幼稚園のお友達が習い事をしているということで「やりたい!」っていうんです。

そろそろ、周りの子たちに影響されてそう言ってくるんじゃないかなとか、幼稚園のママ友と話していてもうちはピアノやっているとか、水泳をやっているとか、色々聞きます。

私は実家にお世話になっているので、自分の給料で習い事1つくらいはさせてあげられるかなと思っています。今から塾は早いので、音楽系の習い事をさせてあげるか、運動系をさせてあげるか、英語とか、悩んでいます。

音楽といっても、バイオリンやチェロなんかは楽器も高いし、大きくなるにつれて買い替えないといけないので、これはさすがにムズカシイです。やらせるならピアノかなと。電子ピアノっだったら中古のピアノをメルカリとかジモティーとかで探せばあるかなと。

うちはお受験とかはさせられないので、子供が好きなことをやらせてあげられればなと思っています。

それでは、今日も健康と美容ついて研究していきたいと思います。

今日は免疫力はとても大事というお話です。

免疫は複雑な仕組みで成り立っている

免疫については、「体にウイルスが侵入すると、それに対する免疫ができ、一度免疫ができれば、以降そのウイルスによって病気になることはない」ということはよく知られているかと思います。

しかしこれは、免疫という体の防御システムの一部にしかすぎないのです。免疫の全体像を把握することで、さまざまな病気の原因や予防方法がわかってきます。免疫システムの主役は白血球なのです。白血球はマクロファージ、顆粒球、リンパ球という3種類の細胞に分けられます。

体に異物が侵入するとマクロファージがその性質を見極め、顆粒球やリンパ球に指令を出してその異物を攻撃させるのです。細菌など粒子の大きな異物は顆粒球がまるごと飲み込み、消化酵素を使って分解していきます。

ウイルスなど微細な異物はリンパ球が吸着して処理します。

切り傷を負うと傷口が化膿して炎症を起こすことがありますが、これは顆粒球が傷口にある細菌と戦うことで生じるものです。炎症の後には、最近が死滅して治療に向かいます。

ただし、顆粒球と最近の戦いでは免疫は成立しません。つまり、何らかの細菌に感染してから食中毒になり治癒しても免疫が出来てその後は食中毒にはならないということではないのです。

むずかしいですね。一度なったらもう免疫ができるのかと思ったらそうでもないんです。

一方リンパ球は、一度戦った抗原を記憶することができるので、2度目に入ってきた時には、その抗原と戦うための抗体をすばやく増やし、ほとんど病気が起こらないうちに炎症を止めることができるのです。

これが、免疫が成立するということで、はしかなどの病気に二度とかからない仕組みです。リンパ球は、こうした外部からの侵入者と戦うだけでなく、自分の体の中に生じた異常細胞を排除する働きもあります。

ガン細胞を攻撃すること知られるNK細胞もリンパ球のひとつです。加齢とともに体の中には劣化した細胞や変質した細胞が多量にできてくるが、リンパ球はこうしたNK細胞も排除し、老化に対抗します。

つまリリンパ球の数を正常に保ち、外部から侵入したウイルスや異常な自己細胞を破壊できるようにしておくことが、免疫力を高めることになるのです。

自律神経(交感神経・副交感神経)はあらゆる細胞に指令を出し、その機能を調整している神経で、白血球もその指令を受けています。

交感神経は運動や緊張など、体を興奮状態にさせるときに働き、副交感神経は、食事や睡眠など、体をリラックスさせるときに働く神経です。

交感神経が優位な状態にあると通常よりも顆粒球が増え、リンパ球が減ってきます。こうした状況が長く続くと、過剰に増えた顆粒球が、細菌だけでなく正常な細胞までも破壊するようになってしまいます。その結果、胃や腸などの粘膜が攻撃され、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎などが引き起こされるのです。

さらにリンパ球が減っていることから、ウイルス感染による病気にもかかりやすくなってしまうのです。交感神経が優位な状態とは、人間がストレスにさらされているときです。したがって強いストレスがある生活を長く続けていると、免疫力の低下によってさまざまな病気が引き起こされることになります。

これを予防するには、リラックスして副交感神経を活性化することが何より大切です。食事をして腸管を刺激することでも副交換神経が活性化するので、3食はきちんととりたいです。

食はすべての栄養素に不足がないよう心がけ、特にストレスにより消失するビタミンB群、ビタミンCは積極的に摂取するようにします。また、炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミンB群、ミネラルなどを含む玄米は、効率良く多くの栄養素を摂取できるという点で勧められるものです。

キノコに合まれる多糖類にも、免疫力を高める効果があります。一方、服交感神経優位の状態が続きすぎても問題が生じます。リンパ球が必要以上に増え、ちょっとした抗原にも過剰に反応しアレルギー疾患が起こりやすくなるからです。

交感神経、副交感神経がバランス良く働くことが、健康的な生活の要となります。

ストレスを感じないようにするとかなるべく受けないようにするっていうのもなかなか難しい問題ですよね。ストレス発散方法を見つけるのも大事です。栄養素で改善できるところはサプリメントで補っていくのが、効率よく摂取できるのでいいのかなと思います。

もちろん、サプリメントはバランスのいい食事とともに摂取することが最も効率よくサプリの効果を実感できますので、食事もきちんと3食とって、運動も適度に行っていくのが一番ですね。

私も子供と一緒に運動して運動不足を解消していきたいと思います。

でも評判のサプリメントの力も借りて効率よくか結果を出したと思うのはみんなが思う事だと思います。酵水素328生サプリなら値段も手ごろだし周りの評判も良いですよ!!

シングルマザーの佳代子です。私は30代前半の二人の子持ちです。

日曜日は雨でしたね。雨が降ってしまうとお洗濯が出来なくなってしまうのが困ったものです。うちの近所はコインランドリーがあることはあるんですけど、かなり年季の入ったコインランドリーで、置きっぱなしで後でとりに来るのは大丈夫かな、なくなっていたらどうしようっていう不安のがあるので、結局家で洗って部屋干しにしています。

今はキレイなコインランドリーがあるんですよね。待つところも雑誌が置いてあったり、コーヒーも飲めたりとかできるところがあるって聞いて、うちの近所にもできないかなと思っています。

絶対に流行ると思うんですよね。

宅配クリーニングとかもありますけど、クリーニングはシングルマザーの私にとっては高いのでなるべくなら家で洗って、大きいシーツとかはコインランドリーで洗いたいなって思っています。

それでは、今日も健康と美容ついて研究していきたいと思います。

今日は血管のお話です。

生活習慣病予防のための健康・生活習慣チェック

生活習慣病とは、その名のとおり、普段の生活習慣が、発病や進行に深くかかわっている病気を指します。予防医学が進歩し、さまざまな病気の原因・危険因子が解明されつつある現在、生活習慣病の多くは、予防が可能になってきています。

日本人の死亡原因第2位である脳血管疾患(脳出血や脳梗塞)、3位の心疾患(心筋便案など)は、いずれも生活習慣病です。

1位のガンについても、大腸ガンや肺扁平上皮ガンなどは、生活習慣病とされています。このほか、糖尿病、高血圧、高脂血症、痛風、肺気腫、歯周病、アルコール性肝疾患など、さまざまな病気が、悪い生活習慣によって引き起こされることがわかってきています。

生活習慣病の予防は、食事、運動、休養といったライフスタイルの改善から始まります。病気を発見してから治すのではなく、日ごろから、各々が自覚をもって、生活を改善していくことが必要なのです。

生活習慣病が発病に至るには長い間の生活習慣の蓄積があります。健康診断では異常がなくても、体の中では病気が進行していることも多々あります。したがって検査結果が基準値を少し上回ったか下回ったかだけで一喜一憂するのではなく、自分にとってどんな状態が健康なのかを知ることが大切です。

ですから、健康診断の結果が良くても安心せずに、生活習慣を見直すように心がけましょう。徐々に蝕まれているということにならないように、健康に意識を持つことが大切ですね。

不調を感じている部分はないかとか、体型や体重、血圧などに大きな変化はないか、食生活で不足している栄養素はないかといったことを把握し、問題があれば、より健康な状態へと生活を改善していきます。

血糖値やコレステロール値など、自分でチェックできないものについては、定期的に医療機関で検診を受けるなど行ってみてください。

さらに、家族の病歴について把握しておくことも必要です。遺伝的要素もありますからね。家族から受け継いだ危険因子に悪い生活習慣が加わると、発病の可能性が高まります。

多くの生活習慣病の危険因子となっているものに内臓脂肪とコレステロールがあります。したがって、これらの増加を抑えることが生活習慣病の根本的な予防となります。例えば「空腹時血糖は正常だが食後は少し高め」という場合には、内臓脂肪を取ることで血糖値を下げ、糖尿病への進行を防ぐことができます。

内臓脂肪が減れば血圧も下がり、高脂血症なども改善されるんです。また、コレステロール値が高い場舎には、動脈硬化になりやすく、さらに動脈便化が原因で、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などヘとつながっていく危険がありますので注意です。

したがつて、コレステロール値が上がらないような食生活をしていれば、これらの病気になる危険性をぐっと減らすことが可能となるのです。これだけでググッと病気になる確率が減るのであれば、やらないてはありませんよ。

普段の食生活では高カロリー食、動物性脂肪の摂りすぎに注意し、バランスのとれた食事を心がけ、ビタミン、ミネラルの不足をなくすようにしましょう。さらに適度な運動も必要です。運動ニガテなんて言わないで、ウォーキングからでも始めてみましょう。

また喫煙は肺扁平上皮ガン、肺気腫など、多くの病気の原因となるので、控えたいですね。

食事や運動習慣など、ライフスタイルがなかなか改善できない、あるいは、すでに内臓脂肪やコレステロールが増加しすぎている自覚がある場合には、抗酸化作用のあるサプリメントを摂るようにしたいです。

高脂防・高カロリー食、運動不足が続いてコレくテロールが血管に付着すると、活性酸素の影響を受けやすくなり、酸化LDLというコレステロールに変化します。この酸化LDLは、動脈硬化の引き金になることが知られています。

コレステロールを酸化させないためには、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、セレン、コエンザイムQ10、イチョウ葉などの抗酸化物質を積極的に摂るようにしたいですね。

また、脂肪の合成を阻害するガルシニア・カンボジア、コレステロール値を下げるキチン・キトサンなどのサプリメントを利用してもいいです。これらは、短期間ではなく、ある程度続けて摂取する必要があります。食物繊維にも、コレステロールの吸収を妨げ、血圧の上昇を抑制する働きがあるんです。

活性酸素はお肌にも体内にも影響を与え、老化の原因となりますから、活性酸素を除去して行きたいですね。食品だけではなかなか必要分毎日とるのは大変ですから、サプリメントで補っていくのが一番かななんて思いました。

食事も毎日コンビニとか出来あいものの揚げ物なんか食べてると、ニキビができやすくなってしまうんですよね。大人がなる大人ニキビは、大人ニキビ専用の化粧品でないと効果が期待できないそうです。

大人ニキビの炎症を鎮める作用のある成分が入っているパルクレールジェルは、伸びもいいから経済的です。気になるニキビをニキビ専用コスメで早く治しちゃいましょう。

シングルマザーの佳代子です。私は30代前半の二人の子持ちです。

最近また寒くなりましたよね。おかげでうちの子はまだ風邪が治らなくて。暖かくしているんですけど、鼻をぐしゅぐしゅしていて辛そうです。

ショウガのスープを作ったり、餃子もたっぷりのショウガとニンニクを入れて体力をつけさせようとしています。

果物も好きなので、ちょっと高いけど奮発してイチゴとオレンジを買ってきました。ビタミンCをたっぷりとって早く治してあげたいです。

私も移らないようにマスクしています。子供の風邪ってなぜかうつりやすい気がします。強力なんでしょうかね。友達も子供が熱出すとすぐに移っちゃうから絶対マスクして暖かくしているって言ってました。

一緒にいることが長いっていうのもありますけど、気のせいですかね。。。

それでは、今日も健康と美容ついて研究していきたいと思います。

今日は男性の更年期についてです。

見逃しがちな男性の更年期

女性の更年期障害については一般によく知られていますが、近年、男性にもホルモンの分泌低下による更年期障害があることに注目が集まりつつあります。男性ホルモンの分泌は20~30歳にピークとなり、以後、加齢とともに低下していきます。開経という大きな身体的変化がある女性に比べて男性の更年期はわかりづらく、本人も認識していない場舎がほとんどなのです。

「男性更年期」という概念が一般に定着していないのが第一の理由ですが、ホルモンの低下に大きな個人差があり、症状をほとんど感じない人もいるためです。男性の更年期年齢は40代半ば~50代半ばといわれていますが、これにも個人差があり、早ければ30代から、遅い場合は60歳頃まで発症が見られます。

症状としては、疲労感や集中力・記憶力の低下、抗うつ状態といつた精神的な症状、筋力低下、不眠、発汁、首や肩のこりなどの身体症状、性欲減退、勃起障害といつた性機能に関する症状の3つに分けられます。

体にさまざまな不調が出て、突然、勃起障害になったりすると、自分の体に何が起こっているか理解できず、対応もままならない人が多いです。それがストレスを生むことにもなっています。そうならないためにも更年期についての知識をもっておくことが必要なのです。

こうした症状が出たら病院で検査を受けることが第一。しかし男性更年期に詳しい医師は少なく、一部の泌尿器科の専門医か内分泌系の専門医に限られるのが現状です。

更年期の治療では、精神症状の緩和のために心療内科的なアプローチを行い、抗うつ剤、安定剤などを投与することもあります。また、生活習慣病を併発しないための健康管理、性機能回復のための薬物治療、さらに、低下した男性ホルモンを補うために、場合によってはホルモン補充療法を行うこともあります。

テストステロン、デヒドロエピアンドロステロン(DIIEA)といつたホルモンの補充療法はある程度の効果が認められています。更年期の予防につながるサプリメントとして売られているものの中で、現在、はつきりとした効果が証明されているものは残念ながらありません。

アメリカでは、DHEAがサプリメントとして販売されているが、日本では医菜品としても栄養食品としても許可されていません。更年期の予防という観点からは離れるが、慢性的なビタミンやミネラルの不足によってもさまざまな不調が出るので、まずマルチビタミン、ミネラルを補給し、それでも改善しなければ医師の診断を受けるようにしたいです。

男性ホルモンの低下は、陰茎、精巣、前立腺に影響を与え、骨粗霧症も増加させることが明らかになっています。このほかにも脳、肝臓、腎臓、心、血管系臓器、筋肉などにも影響を及ぼすと考えられています。

男性更年期については、まだまだ研究段階であり、ホルモンの低下と様々な病気との因果関係をはっきしませんが、高血圧や動脈硬化などとの関連も指摘されています。

男性の更年期っていうのもあるんですね。更年期で苦しんでいるのは女性だけかと思ったら、男性にもあるということを始めて知りました。

まだ研究段階ということで、これから良いサプリメントや治療法が見つかっていくのですね。
中高年男性の中には、勃起不全で悩んでいる人も少なくないですが、これはホルモンの低下だけが原因ではありません。

心理的な問題や、喫煙、過度の飲酒やストレス、運動不足などが原因で起こることも多いので、こうした生活を改善することが必要です。また、この時期は更年期障害だけでなく、高血圧、心筋梗塞、糖尿病、痛風、動脈硬化といった生活習慣病が顕在化してくる時期でもあります。

年齢を重ねるといろんな病気も併発してしまうんです。

これまで不規則・不摂生な生活をしていた人は、自分の人生や生活を見直す良い機会ととらえ、危機感をもって生活習慣の改善を目指してほしいですね。健康的な老年期を迎えられるかどうかは、この時期をどう過ごすかにかかっているといっても過言ではありません。

現在すでに血圧が高めの人はDHAやEPAを、また動脈硬化が心配な人は、これらに加えてビタミンB6、B12、葉酸を摂ってもいいです。これらのビタミンには、動脈硬化の危険因子である血中のホモシステイン濃度を低下させる働きがあります。

EPA・DHAを取っておくといいかもしれません。ビタミンB群もいいですね。それから、葉酸ていうと妊婦さんのイメージですけど、男性も葉酸を取っておくといいです。

これから旦那さんとなる人のためにも、男性の更年期について研究してみたいなと思います。
そのためにも少しでも若さを保ちたいと思って ほうれい線 無くす 化粧品 を使ってみたいと思っています。
やっぱり歳とって見える原因の一つにほうれい線って大きいいみたいですから、早いうちから改善しておかなくっちゃですね!!