生活習慣を改善することで予防できる病気はいろいろあります

シングルマザーの佳代子です。私は30代前半の二人の子持ちです。

日曜日は雨でしたね。雨が降ってしまうとお洗濯が出来なくなってしまうのが困ったものです。うちの近所はコインランドリーがあることはあるんですけど、かなり年季の入ったコインランドリーで、置きっぱなしで後でとりに来るのは大丈夫かな、なくなっていたらどうしようっていう不安のがあるので、結局家で洗って部屋干しにしています。

今はキレイなコインランドリーがあるんですよね。待つところも雑誌が置いてあったり、コーヒーも飲めたりとかできるところがあるって聞いて、うちの近所にもできないかなと思っています。

絶対に流行ると思うんですよね。

宅配クリーニングとかもありますけど、クリーニングはシングルマザーの私にとっては高いのでなるべくなら家で洗って、大きいシーツとかはコインランドリーで洗いたいなって思っています。

それでは、今日も健康と美容ついて研究していきたいと思います。

今日は血管のお話です。

生活習慣病予防のための健康・生活習慣チェック

生活習慣病とは、その名のとおり、普段の生活習慣が、発病や進行に深くかかわっている病気を指します。予防医学が進歩し、さまざまな病気の原因・危険因子が解明されつつある現在、生活習慣病の多くは、予防が可能になってきています。

日本人の死亡原因第2位である脳血管疾患(脳出血や脳梗塞)、3位の心疾患(心筋便案など)は、いずれも生活習慣病です。

1位のガンについても、大腸ガンや肺扁平上皮ガンなどは、生活習慣病とされています。このほか、糖尿病、高血圧、高脂血症、痛風、肺気腫、歯周病、アルコール性肝疾患など、さまざまな病気が、悪い生活習慣によって引き起こされることがわかってきています。

生活習慣病の予防は、食事、運動、休養といったライフスタイルの改善から始まります。病気を発見してから治すのではなく、日ごろから、各々が自覚をもって、生活を改善していくことが必要なのです。

生活習慣病が発病に至るには長い間の生活習慣の蓄積があります。健康診断では異常がなくても、体の中では病気が進行していることも多々あります。したがって検査結果が基準値を少し上回ったか下回ったかだけで一喜一憂するのではなく、自分にとってどんな状態が健康なのかを知ることが大切です。

ですから、健康診断の結果が良くても安心せずに、生活習慣を見直すように心がけましょう。徐々に蝕まれているということにならないように、健康に意識を持つことが大切ですね。

不調を感じている部分はないかとか、体型や体重、血圧などに大きな変化はないか、食生活で不足している栄養素はないかといったことを把握し、問題があれば、より健康な状態へと生活を改善していきます。

血糖値やコレステロール値など、自分でチェックできないものについては、定期的に医療機関で検診を受けるなど行ってみてください。

さらに、家族の病歴について把握しておくことも必要です。遺伝的要素もありますからね。家族から受け継いだ危険因子に悪い生活習慣が加わると、発病の可能性が高まります。

多くの生活習慣病の危険因子となっているものに内臓脂肪とコレステロールがあります。したがって、これらの増加を抑えることが生活習慣病の根本的な予防となります。例えば「空腹時血糖は正常だが食後は少し高め」という場合には、内臓脂肪を取ることで血糖値を下げ、糖尿病への進行を防ぐことができます。

内臓脂肪が減れば血圧も下がり、高脂血症なども改善されるんです。また、コレステロール値が高い場舎には、動脈硬化になりやすく、さらに動脈便化が原因で、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などヘとつながっていく危険がありますので注意です。

したがつて、コレステロール値が上がらないような食生活をしていれば、これらの病気になる危険性をぐっと減らすことが可能となるのです。これだけでググッと病気になる確率が減るのであれば、やらないてはありませんよ。

普段の食生活では高カロリー食、動物性脂肪の摂りすぎに注意し、バランスのとれた食事を心がけ、ビタミン、ミネラルの不足をなくすようにしましょう。さらに適度な運動も必要です。運動ニガテなんて言わないで、ウォーキングからでも始めてみましょう。

また喫煙は肺扁平上皮ガン、肺気腫など、多くの病気の原因となるので、控えたいですね。

食事や運動習慣など、ライフスタイルがなかなか改善できない、あるいは、すでに内臓脂肪やコレステロールが増加しすぎている自覚がある場合には、抗酸化作用のあるサプリメントを摂るようにしたいです。

高脂防・高カロリー食、運動不足が続いてコレくテロールが血管に付着すると、活性酸素の影響を受けやすくなり、酸化LDLというコレステロールに変化します。この酸化LDLは、動脈硬化の引き金になることが知られています。

コレステロールを酸化させないためには、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、セレン、コエンザイムQ10、イチョウ葉などの抗酸化物質を積極的に摂るようにしたいですね。

また、脂肪の合成を阻害するガルシニア・カンボジア、コレステロール値を下げるキチン・キトサンなどのサプリメントを利用してもいいです。これらは、短期間ではなく、ある程度続けて摂取する必要があります。食物繊維にも、コレステロールの吸収を妨げ、血圧の上昇を抑制する働きがあるんです。

活性酸素はお肌にも体内にも影響を与え、老化の原因となりますから、活性酸素を除去して行きたいですね。食品だけではなかなか必要分毎日とるのは大変ですから、サプリメントで補っていくのが一番かななんて思いました。

食事も毎日コンビニとか出来あいものの揚げ物なんか食べてると、ニキビができやすくなってしまうんですよね。大人がなる大人ニキビは、大人ニキビ専用の化粧品でないと効果が期待できないそうです。

大人ニキビの炎症を鎮める作用のある成分が入っているパルクレールジェルは、伸びもいいから経済的です。気になるニキビをニキビ専用コスメで早く治しちゃいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です